腰痛の原因

腰痛の原因にはヘルニアや圧迫骨折などがありますが、
このようにはっきりとした原因がわかっているものって実際は少ないといわれています。
腰痛のうちでも特定の原因があるものは15パーセントに満たないともいわれています

ではこれらの原因以外での腰痛は何が原因なのでしょうか。
主に考えられる原因としては、日々の生活の中で、腰に負担が徐々にたまっていくことにより引き起こされるといわれています。
そのため、具体的な原因がわからないといわれています。
現代では、長時間PCに向かっているなどのデスクワークが主流になっていますから、
腰に負担がかかってしまうようです。
デスクワークなどで徐々に腰に負担がかかってそれが原因で腰痛が引き起こされるわけですが、腰痛の解決には、ランニングをしたり、座っている時間を減らすなど、日常で腰に負担をかけないようにする必要があります。
腰に負担をかけないようにする方法は腰の筋肉のこわばりが原因で引き起こされる腰痛にはよいそうです。
また、マッサージやストレッチもこの腰痛に効果があるようです。
病院では腰痛のための薬を処方されるということもあります。
病院で処方される薬は主に鎮痛作用があるものが多く、
服用することで、腰痛の痛みが軽減します。
薬は腰痛には効果がありますが、あくまでも痛みを抑えることだけで、
腰痛を根本的に治すものではありません。
しかしながら、もちろん病院はそれ以上の治療をしてくれるところもありますから、
どうしても直らないのでしたら、病院が行くのがよいでしょう。