睡眠が不足すると

睡眠が不足すると美容や健康に影響してくるということはよく知られていると思います。
睡眠不足の原因としては、単に仕事が忙しいということから、
仕事のストレスであったり、使っている寝具が合わなかったということも考えられます。
使っている寝具が合わないと、知らないうちに体に負担がかかり、
熟睡できない原因とることもあるようです。

また、睡眠はその長さよりも、睡眠の質が重要だといわれています。
質の高い睡眠をとることで、睡眠中に短時間で体の調子を整えることができます。
そして、睡眠の質を高めるには、寝具選びが重要になっています。
寝具には、枕や毛布、マットレスがありますが、
中でも重要なのがマットレスになります。

睡眠は毎日とるものですのですが、それにもかかわらず、
睡眠に対して関心を持っている人は多くは在りません。

睡眠に問題が無い人でも、睡眠の知識を持つことで、
翌日もよりいっそう活動的に過ごすことができるので、
この機会に寝具選びをしっかりとするようにしましょう。

あと、私たちの身体は、体温調節などといった生活に必要な身体のコントロールを無意識のうちに行うことができます。

これを「自律神経」といいますが、
緊張していると交感神経が働き、リラックスしているときには反対に副交感神経が働きます。
しかし、何かの間違いで休息するときに交感神経が働いてしまうと、
なかなか睡眠することができないといったことにもなってしまいます。

ですから、夜なかなか眠りにつくことができないのであれば、
副交感神経の働きが活発になるように工夫するようにしましょう。